青のオーケストラ|マンガワンで全話無料連載中

「青春」の、曲がはじまる。

とある理由でヴァイオリンを弾くのを辞めた元・天才少年、青野 一(あおのはじめ)。中学3年の秋、一人の少女と 高校のオーケストラ部と出会い、止まっていた彼の時間が動き出す―― 
音と音、心と心が繋がっていくアンサンブル青春ドラマ、開幕。

第1話試し読み
(32P)

ページが開かないときはこちらからアクセスしてください。
ebookjapan 青のオーケストラ(1)

続きはマンガワンで全話無料公開中!

青のオーケストラはマンガワンで全話無料で読むことができます。

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

■公式HP:マンガワン
■Twitter:@MangaONE_jp
■オススメ度:★★★★★
作品の掲載が終了している場合があります。
ご了承ください。

マンガワンとは?

マンガワンってどういうアプリ?
読めるマンガの種類は?
お金はかかるの?

マンガワンの使い方解説ページ


青のオーケストラ 作品紹介

青のオーケストラ作品紹介
作者:阿久井真(心が叫びたがってるんだ。)
出版社:小学館
Twitter:青のオーケストラ

青のオーケストラ 登場人物紹介

青野 一(あおの はじめ)
とある理由でヴァイオリンを弾くのを辞めた元・天才少年。幼少時代はコンクールで数々の賞をとるほどの実力を持つ。
幼少期は活発で社交的な性格であったが、辞めてからはおとなしい性格になってしまった。

少女との出会いが青野を変える。
勉強は大の苦手。

秋音 律子(あきね りつこ)
はっきりものごとを言うがやさしい女の子。
その性格が災いしてか友達をなくしてしまう。
その時に出会い大好きなものになったヴァイオリン。

弾けるようになりたくて練習している時に、青野と出会って。。

青のオーケストラのあらすじ

あらすじ
とある理由でヴァイオリンを弾くのを辞めた元・天才少年、青野 一(あおのはじめ)。中学3年の秋、一人の少女と 高校のオーケストラ部と出会い、止まっていた彼の時間が動き出す―― 音と音、心と心が繋がっていくアンサンブル青春ドラマ、開幕。

青のオーケストラを読んだ感想

読んだ感想

ヴァイオリンをやめた少年と、ヴァイオリンを始めたばかりの少女が出会う。

内気な少年と陽気な少女。互いに足りないものを補い合いながら成長していく物語。
主人公は過去に固執して前に進めませんでしたが強く生きる少女を見てその心が解けていくんですねー。前向きな気持ちって素敵。

少女は元気がよすぎるがために人の気持ちを考えないで行動しちゃったことがあって悩んでる。間違ったことはしていないのだけど問題は大きくなるばかり。このあたりが人間関係のむずかしさですよねー。ここから少女の戦いに舞台は移っていく

いじめと戦う少女。出した答えは「他人の気持ちに囚われないで今時分が一番したいことをやる!」これは究極のポジティブですよねー。少女の強さは見習いたいところばかり。「好きなことをやる」「過去のことにとらわれない強い心」その心に少年の心は溶かされていく

いろんなキャラクターが出てくるのもこの辺
高校受験へ向けて物語りは進む

なよっとしてて意思表示も薄いなんとなくオタクっぽい主人公だなーっていう印象でしたが、ヴァイオリン弾くと超絶イケメンになる!別人だろっていうくらい変わります。こんな顔だったっけ?って思うくらい変わる(笑)だけど、たしかにこれは主人公ですねー。描き方とかもう見事というほかないですね。

部活に熱中した学生時代を思い出す。努力って素敵。努力というとスポ根とかが思いつきますけどそれとは違くて、まっすぐ好きなものに向き合ってるなっていう印象。

みんなが本気で打ち込んでるからケンカにもなるし衝突も生まれるけどこれは必然ですよね。その中で自分の弱いところ、助けてもらってること、ちゃんと想いを口に出して相手に伝える。後悔を引きずっていては前に進めない。それではいい音を出すことはできない。それに気づける主人公たちだからこそ過去を振り切ることができるんだと思います。

男の子も女の子もそれぞれ、環境だったり、そこから芽生える思い込みだったりに苦しんでそれぞれに多かれ少なかれ悩みがあって、上級生の立場や同級生のきもちだったり、果ては先生にも思っていることはあってそれらの人間模様がそれぞれ描かれているのでいろんな角度から物語を楽しめる。
普通主人公の気持ちは代弁されるけど、出てくるキャラクターがなにを考えているかまでスポットをあてる作品は多くない気がする。
阿久井さんの作品はすべてのキャラクターに感情があって無駄なキャラクターなんて一つもないんだなと教えてくれる。

先生が、高校生くらいの頃どんな少年だったのか?それを見ることはできないけど先生と話している場面で「当時の先生の音を見た気がした」っていう表現はすごい素敵!先生の思い出話の中でしか聴くことが出来ない今は大人になってしまった少年が出していた音。その空間にはたしかに当時の先生がそこにいる。
なんかクライマックス感がすごい。ちょっとした場面で出してくるセンスがヤバイ。

絵も流石にうまくてアニメを見てるような感じ。いい意味で!キャラクターに躍動感があるっていうんですかね?アクションマンガのような表現はありませんけど、音を伝えるっていうのはマンガで一番難しい表現だと思いますが、絵に力があるのできっと素敵な音なんだろうなーって想像が膨らむ。
はじめて主人公がヴァイオリンを弾くシーンは鳥肌もの!

デフォルメされたキャラもかわいい。
面白いなーって思って読んでると、この作者さん「心が叫びたがってるんだ。」書いてる人なんですね。読みやすくて面白くて納得。第1話目から物語に引き込まれてしまいました。

青のオーケストラ コミックス情報

最新刊4巻 連載中