脳内ポイズンベリー|マンガMeeで全巻無料掲載中!

櫻井いちこ(29)は、飲み会で会って以来気になっていた男子・早乙女(23)に、偶然遭遇。

『話しかける? 話しかけない?』『押してみる? 引いてみる?』いちこの脳内ではめくるめく会議が繰り広げられ――?

怒涛の新感覚ラブ・パニック、開幕!

第1話試し読み

ページが開かないときはこちらから開いてね
脳内ポイズンベリー(1)

続きはマンガMee全巻無料で読むことができます

マンガMeeで全巻無料掲載中!

マンガMeeは集英社の公式マンガアプリです。

マンガMee

マンガMee

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

iphoneの方はこちら
Androidの方はこちら

■公式HP:マンガMee
■Twitter:@manga_mee
■オススメ度:★★★★★

マンガMeeとは?

マンガMeeってどういうアプリ?
読めるマンガの種類は?
お金はかかるの?

マンガMeeの使い方解説ページ


第1話 試し読み|脳内ポイズンベリー

画像クリックで試し読み
脳内ポイズンベリー第1話
  • 引用元:ココハナ
  • 作者:水城せとな
  • 出版社:集英社

作品紹介|脳内ポイズンベリー

作品紹介|脳内ポイズンベリー
twitter検索:脳内ポイズンベリー

登場人物紹介|脳内ポイズンベリー

櫻井 いちこ(さくらい いちこ)
趣味はフェルト細工。会社を辞めてから、収入のためケータイ小説を書いている。
早乙女 亮一(さおとめ りょういち)
不思議クン。昔からモテるらしい。
吉田(よしだ)
「脳内会議メンバー」の"理性"担当。
石橋(いしばし)
「脳内会議メンバー」の"ポジティブ"担当。
池田(いけだ)
「脳内会議メンバー」の"ネガティブ"担当。
ハトコ(はとこ)
「脳内会議メンバー」の"衝動"担当。
(きし)
「脳内会議メンバー」の"記憶"担当。
越智(おち)
早乙女の先輩。出版社勤務。
引用ココハナ

あらすじ紹介|脳内ポイズンベリー

あらすじ
櫻井いちこ(29)は、飲み会で会って以来気になっていた男子・早乙女(23)に、偶然遭遇。

『話しかける? 話しかけない?』『押してみる? 引いてみる?』いちこの脳内ではめくるめく会議が繰り広げられ――?

怒涛の新感覚ラブ・パニック、開幕!

読んだ感想|脳内ポイズンベリー

第1巻を読んだ感想
色んなキャラクターが会議をしていて、なにやら話し合っている。
少し読んで分かりましたが脳内会議の様子なんですね。一人の人間ですが感情は一つじゃない。それぞれの感情にキャラクターがついていて行動を決める話し合いをしている。これは新しいと思いました。

議長は吉田。行動を決めるための進行をしていて冷静。コンパで知り合った男の子(気に入った人と)と偶然再会したとき、あなたならどんな行動をとりますか?普通に話しかけられれば一番いいけど「覚えてるかなー?」とか「軽い女に見られないかなー?」とか「彼女いたらどうしよう」とか色々考えちゃいますよね。
そんな頭の中の出来事をキャラクターたちが会議している様子がとても面白い。

二人の登場人物の恋愛模様を描いているはずなのに頭の中には複数のキャラクターがいて、クラスメイトに相談してるみたいな不思議な感覚で読むことができます。

気に入った男の子・早乙女とせっかく偶然会ったんだし、こんなチャンスは滅多にない!勇気を振り絞って話しかけてみる!
脳内ではあれやこれやと「何を話そうかな?」と会議中。会議の末、相手の家を掃除しに行くことになり!会議の末お泊りすることに!!
積極的なんだか消極的なんだか分かりません(笑)が、好きな人の前ではそんなもの!

近づくことはできたけれど自分に自信のないいちこ(ネガティブ池田)は逃げ出しちゃって。。

そのあと早乙女から連絡が入り再び会うことになりますが、果たして二人?の恋愛はうまく行くのでしょうかニヤニヤ

コミックス|脳内ポイズンベリー

全5巻 完結

映画|脳内ポイズンベリー


公式サイト
作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 121分
映倫区分 G

予告

本編

U-NEXTで配信中

キャスト紹介

キャスト 役名
真木よう子 櫻井いちこ
西島秀俊 理性/議長(吉田)
古川雄輝 早乙女
成河 越智さん
吉田羊 ネガティブ(池田)
桜田ひより 衝動(ハトコ)
神木隆之介 ポジティブ(石橋)
浅野和之 記憶(岸さん)
野波麻帆
岡本玲
カンニング竹山
ともさかりえ

脳内ポイズンベリー Blu-ray&DVD

全巻無料で読めるマンガアプリ

マンガMee

マンガMee

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

iphoneの方はこちら
Androidの方はこちら

■公式HP:マンガMee
■Twitter:@manga_mee
■オススメ度:★★★★★