人形草紙あやつり左近

-あらすじ-

【桜が狂い咲く季節、復讐鬼に招かれて…】

山奥の廃校で人知れず行われた同窓会は、凄惨な殺人事件の幕開けだった――普段は気弱な人形遣い・橘左近は、明治初期に作られた傑作童人形“右近”を操ると人格が豹変! 天才的な洞察力を発揮し、おしゃべりな相棒・右近と共に様々な難事件・怪事件を解決していく! 

この作品が読めるマンガアプリ
人形草紙あやつり左近ゼブラックに掲載中!(2020年12月24日現在)
基本無料で全巻読むことが出来ます。
ゼブラック

ゼブラック

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

iphoneの方はこちら
Androidの方はこちら
人形草紙あやつり左近(1)




人形草紙あやつり左近 作品紹介

マンガアプリ公式Twitter:@zebrack_comic
Twitter検索:人形草紙あやつり左近

あらすじ|人形草紙あやつり左近

山奥の廃校で人知れず行われた同窓会は、凄惨な殺人事件の幕開けだった――普段は気弱な人形遣い・橘左近は、明治初期に作られた傑作童人形“右近”を操ると人格が豹変! 天才的な洞察力を発揮し、おしゃべりな相棒・右近と共に様々な難事件・怪事件を解決していく! 

読んだ感想|人形草紙あやつり左近

人形使いの主人公が解き明かすミステリー推理漫画

時代的に言うと「金田一少年の事件簿」が流行っていた頃でしょうか。ジャンプではさらにホラー要素を強めた漫画としてこの漫画が登場しました。

左近は人間で右近が人形。右近は操り人形なのですがほんとに「生きているのではないか?」と言う位、表情豊かです。
実際のところこの人形は生きているのではないか?その辺を考えながらみてみるのも面白いかもしれません。

ホラーを前面に押し出しているためどちらかと言うと推理物としてはちょっと弱い気がする。
無理矢理感があるというか、恐怖を描きたいだけでトリックそのものはそんなに優れているものでは無いかもしれません。
しかし犯人を追い詰めるときの展開はとてもかっこいい。人形使い左近が織り成す推理小説。
昔を懐かしんで読んでみるのも面白いかもしれませんね。

ゼブラックで最終話まで無料で読む事ができます。

第1話試し読み

  1. 人形草紙あやつり左近
    画像クリックで試し読み

    人形草紙あやつり左近

    完結 全4巻
    価格:
    408円(税込)
    第1巻発売日:
    1995/8/4
    写楽麿/小畑健

    山奥の廃校で人知れず行われた同窓会は、凄惨な殺人事件の幕開けだった――普段は気弱な人形遣い・橘左近は、明治初期に作られた傑作童人形“右近”を操ると人格が豹変! 天才的な洞察力を発揮し、おしゃべりな相棒・右近と共に様々な難事件・怪事件を解決していく!

人形草紙あやつり左近が読めるマンガアプリ

ゼブラック

ゼブラック

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

iphoneの方はこちら
Androidの方はこちら

■公式HP:ゼブラック
■Twitter:@zebrack_comic
■オススメ度:★★★★☆

ゼブラックとは?

ゼブラックってどういうアプリ?
読めるマンガの種類は?
お金はかかるの?

ゼブラックの使い方解説ページ


人形草紙あやつり左近のコミックス

全4巻 完結!
(1996/3/1)