江戸の検屍官|【期間限定】第1巻無料

現代の捜査では常識ともいえる『検屍』

しかし江戸時代すでにこの考え方は実施されていた。当時、検屍のバイブルといわれた「無冤録述」という書物がある。これを片手にどんな死体であっても詳細に調べ、殺人の真相を語らせるという北町奉行所の天才同心、北沢彦太郎。検屍の技術では及ぶ者なく、好んで現場に出かけ、淡々と死骸を調べる北沢を変わりものとそしるものも少なくはなかった。そんな北沢を助けるのは検屍と女が大好きな医者・玄海、そして女絵師お月。三人は玄海の見立てと、大きく損傷した死体から生前の顔姿を見通して似顔を描くお月の技量によって難事件を解決する腕利きチームだ。

さて、今回は井戸の底で見つかった自殺とおぼしき死体が、このチームの検屍で意外な真実を語り始めた。井戸の死体の無念の声とは?北沢は真犯人をつきとめられるのか?

第1話試し読み

レンタルして読む

ページが開かないときはこちらから開いてね
江戸の検屍官(1)

小学館の漫画が無料で読めるアプリ

マンガワンは小学館の公式漫画アプリです。

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

iphoneの方はこちら
Androidの方はこちら

■公式HP:マンガワン
■Twitter:@MangaONE_jp
■オススメ度:★★★★★
作品の掲載が終了している場合があります。
詳しくは公式アプリでご確認ください。

マンガワンとは?

マンガワンってどういうアプリ?
読めるマンガの種類は?
お金はかかるの?

マンガワンの使い方解説ページ




江戸の検屍官 試し読み増量中!

2月12日まで第1巻無料!

画像クリックで試し読み
江戸の検屍官
  • 引用元:eBookJapan
  • 原作:川田弥一郎
  • 漫画:高瀬理恵
  • 出版社:小学館

江戸の検屍官 作品紹介

twitter検索江戸の検屍官
作者Twitter@kugesamurieta

江戸の検屍官 あらすじ

あらすじ
現代の捜査では常識ともいえる『検屍』

しかし江戸時代すでにこの考え方は実施されていた。当時、検屍のバイブルといわれた「無冤録述」という書物がある。これを片手にどんな死体であっても詳細に調べ、殺人の真相を語らせるという北町奉行所の天才同心、北沢彦太郎。検屍の技術では及ぶ者なく、好んで現場に出かけ、淡々と死骸を調べる北沢を変わりものとそしるものも少なくはなかった。そんな北沢を助けるのは検屍と女が大好きな医者・玄海、そして女絵師お月。三人は玄海の見立てと、大きく損傷した死体から生前の顔姿を見通して似顔を描くお月の技量によって難事件を解決する腕利きチームだ。

さて、今回は井戸の底で見つかった自殺とおぼしき死体が、このチームの検屍で意外な真実を語り始めた。井戸の死体の無念の声とは?北沢は真犯人をつきとめられるのか?

江戸の検屍官 読んだ感想

1巻を読んだ感想
医学や殺人事件を扱った漫画はありますが、それを江戸時代のものにした作品というのはめずらしいですね。初めて聞いたかもしれません。

この作品の主人公はタイトルのまんま「江戸の検屍官」をしています。
当時の医学は現代のように進んでいるわけではなく、DNA鑑定なんてものは当然ありません。
それでも外国から入ってきた知識を応用して、いろんなことが解明されていくのは当時の出来事がそのまま繰り広げられているようで面白い!
私自身医学知識も、歴史も知っているわけではないので本当かどうかはわからないのですが妙な説得力がこの漫画にはあります。
作者は結構調べ物をしてこの漫画を描いているのだと思います。

話の大筋は検屍をした結果これは”殺人”ではないか?医者である友人とともに解決する。
いわば、江戸版シャーロックホームズといった感じ。

アイリーンアドラーとは違いますが、魅力的な女性キャラも出てきます。

この3人が江戸の町で行われている犯罪を暴く作品。
深刻な話ながらキャラクターの魅力で砕けた感じになっていて読みやすいおススメ作品です。

江戸の検屍官 コミックス

全6巻 完結!
018/5/30)