アオイホノオ|無料で読める公式マンガアプリ!

-あらすじ-

1980年代初め。大阪の大作家芸術大学でTV・映画・アニメの講義を受けつつ、漫画家を目指す若者・ホノオは、しかしながら野望だけで具体的には何も動き出していなかった。そんなある日、何気なくサンデーを読んでいた彼は、当時はまだ無名の新人だったあだち充や高橋留美子の作品を目にして…?

この作品が読めるマンガアプリ
アオイホノオサンデーうぇぶりに掲載中!(2020年05月05日現在)
基本無料で全巻読むことが出来ます。
サンデーうぇぶり-人気マンガウェブ漫画読み放題コミックアプリ

サンデーうぇぶり-人気マンガウェブ漫画読み放題コミックアプリ

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

iphoneの方はこちら
Androidの方はこちら
アオイホノオ(1)

作品紹介

サンデーうぇぶり公式Twitter:@SundayWebry
作者Twitter:@simakazu
Twitter検索:アオイホノオ

あらすじ

1980年代初め。大阪の大作家芸術大学でTV・映画・アニメの講義を受けつつ、漫画家を目指す若者・ホノオは、しかしながら野望だけで具体的には何も動き出していなかった。そんなある日、何気なくサンデーを読んでいた彼は、当時はまだ無名の新人だったあだち充や高橋留美子の作品を目にして…?

読んだ感想

サブカルフィクション
80年代の漫画家の実情とは?

アオイホノオ

作者の体験を元にしたノン?フィクションコメディ

漫画家を目指す青年・焔 燃(ホノオ モユル)が主人公。作者本人だ。
青年期の葛藤を面白おかしく、漫画家として成功するためのステップとその内面を描いている。

庵野秀明と同じ学校でその時の体験が語られているのは貴重
他にも実在する漫画家や団体も多数登場するのでアニメ・漫画に今日のある人は必見!
80年代の漫画家のソレがこの作品に描かれている。

成功していく漫画を酷評し自分の存在価値を見出そうと苦悩するホノオ。
しかし漫画家になるには酷評するのではなく描かなければダメなのだ。

周りを見渡せば才能あふれる人材ばかり。
それ故に他人を評価し点数をつけることで自分が上回っていると思い込み自我を保とうとする弱い人間。
昭和の若者の苦悩がここにはある。

第1巻 試し読み

画像クリックで読めます↓
アオイホノオ
  • 引用元:BOOK☆WALKER
  • 作者:島本和彦
  • 出版社:小学館

この作品が読めるマンガアプリ

サンデーうぇぶりは小学館の公式マンガアプリです。

サンデーうぇぶり-人気マンガウェブ漫画読み放題コミックアプリ

サンデーうぇぶり-人気マンガウェブ漫画読み放題コミックアプリ

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

iphoneの方はこちら
Androidの方はこちら

■公式HP:サンデーうぇぶり
■Twitter:@SundayWebry
■オススメ度:★★★★☆

サンデーうぇぶりとは?

サンデーうぇぶりってどういうアプリ?
読めるマンガの種類は?
お金はかかるの?

サンデーうぇぶりの使い方解説ページ


コミックス情報

最新刊第23巻 連載中!
(2020/6/12)