朝起きたらダンジョンが出現していた日常について…|マンガUPでコミカライズ連載開始

-あらすじ-

朝のニュースを見ていたら、突然の政府放送が始まり、画面に写る報道官が真面目にダンジョン誕生を告げた。混乱する政府、熱狂する民衆、利権確保に暗躍する企業。様々な思惑渦巻く中、偶然プライベートダンジョンを得た主人公は試行錯誤を繰り返しひた走る。

この作品が読めるマンガアプリ
朝起きたらダンジョンが出現していた日常について…マンガUPに掲載中!(2020年07月23日現在)
基本無料で全話読むことが出来ます。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX INC無料posted withアプリーチ

iphoneの方はこちら
Androidの方はこちら

原作小説

コミカライズされた原作は「小説家になろう」で連載中!

  1. 朝起きたらダンジョンが出現していた日常について…

    朝起きたらダンジョンが出現していた日常について…

    連載中 最新刊第1巻
    価格:
    726円(税込)
    第1巻発売日:
    2019/5/24
    ポンポコ狸/DSマイル/萩野論

    朝のニュースを見ていたら、突然の政府放送が始まり、画面に写る報道官が真面目にダンジョン誕生を告げた。混乱する政府、熱狂する民衆、利権確保に暗躍する企業。様々な思惑渦巻く中、偶然プライベートダンジョンを得た主人公は試行錯誤を繰り返しひた走る。

漫画の感想

原作者コメント

・主人公は、特別な地位も権限もない只の高校生です。
・人間、体感なくば実感は湧かないです。
・序盤は言動と行動に不一致感を覚える恐れがあります。

ダンジョン 日常
3.5 5.0
作画
2.5 4.5

読んだ感想

突然現実世界にダンジョンが出現した 異世界ファンタジー。

主人公はどこにでもいそうな普通の高校生の男の子。
ある日、世界中にダンジョンが出現し人々はダンジョン攻略に勤しむようになるわけですが、主人公が勇者だったり、ダンジョンに潜ってやりたい放題するわけでもなく至って普通に日常が過ぎていきます。

普通とちょっと違うのは”主人公の部屋の机の引き出しがダンジョンになってしまった”こと
ダンジョンが出現したら色めきだって攻略したいと思うもので、この世界のモブたちもそのように行動するわけですが、その普通のファンタジー生活が描かれるというよりは、そんな世界になっても日常を崩さずに普通を描く。この辺がこの作品のウリになっています。

そんな主人公はむやみにダンジョンに入ったりしません
引き出しから覗くだけ!
そして視界にいるスライムを”塩”で倒し戦利品をゲットする。
スライムも凶暴な感じではなく可愛い。倒すのに心が痛むほどの可愛さです。

モンスターを倒すとアイテムをドロップしたり経験値が入ったりするのは異世界マンガのそのもの。
主人公は初めて倒したスライムから”鑑定”のスキルを手に入れます。

ステータスウィンドウで様々な事象を確認できるようになった主人公はいつダンジョンに入るのでしょうか!
続きが楽しみな作品がまた増えました。

この作品が読めるマンガアプリ

マンガUPはスクエニの公式マンガアプリです。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX INC無料posted withアプリーチ

iphoneの方はこちら
Androidの方はこちら

■公式HP:マンガUP
■Twitter:@mangaup_PR
■オススメ度:★★★★★
作品の掲載が終了している場合があります。
詳しくは公式アプリでご確認ください。

マンガUPとは?

マンガUPってどういうアプリ?
読めるマンガの種類は?
お金はかかるの?

マンガUPの使い方解説ページ