無法島

20××年、政府は増え続ける凶悪犯に対し、試験的に流刑制度を復活させた。死刑に相当する凶悪犯62名が送られた島の名は、通称無法島――。家族を惨殺され、無実の罪を着せられ、この島へと辿り着いた一人の青年。あまりにも過酷な現実が、いま動き出す…。

累計330万部超の大ヒットサバイバルコミック「自殺島」。そこでは語られなかった前日譚を描く、衝撃の話題作!!

第1話試し読み

ページが開かないときはこちらからアクセスしてください
無法島(1)

続きはマンガParkアプリで無料で読めます。

無法島が読めるマンガアプリ
無法島マンガParkに掲載中!(2022年10月26日現在)

マンガPark|人気の漫画が毎日更新のマンガアプリ

マンガPark|人気の漫画が毎日更新のマンガアプリ

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

iphoneの方はこちら
Androidの方はこちら

作品情報

アプリ公式Twitter:マンガPark
作者Twitter:森恒二
Twitter検索:無法島
出版社:白泉社

第1話試し読み

  1. 無法島
    画像クリックで試し読み

    無法島

    完結 全6巻
    価格:
    715円(税込)
    第1巻発売日:
    2019/9/27
    森恒二

    20××年、政府は増え続ける凶悪犯に対し、試験的に流刑制度を復活させた。死刑に相当する凶悪犯62名が送られた島の名は、通称「無法島」――。

無法島のあらすじ

20××年、政府は増え続ける凶悪犯に対し、試験的に流刑制度を復活させた。死刑に相当する凶悪犯62名が送られた島の名は、通称無法島――。家族を惨殺され、無実の罪を着せられ、この島へと辿り着いた一人の青年。あまりにも過酷な現実が、いま動き出す…。

無法島を読んだ感想

前作『自殺島』で使われた島が舞台
時代は自殺島よりも昔
政策によりこの島は天然の監獄となった

”凶悪犯は凶悪犯同士で殺し合えばいい”
というとんでもない思想のもとどんな法も適用されない無法島で少年は生き抜いていけるのだろうか。

凶悪犯を流刑して送るということでこの島に来るのは全員何かしらの罪を背負っている。
主人公だけが冤罪で送られているため他の囚人に比べまともな分、この島では弱いかもしれない。

状況から起きるハプニングを楽しむというよりかは、内面の思考的な部分を楽しむマンガ。
極限下で人はどうなってしまうのか?
自殺島では描ききれなかった部分があるのでしょうか

それぞれの人生とともに追いかけていくとしましょう。

無法島が読めるマンガアプリ

マンガParkは白泉社の公式マンガアプリです。

マンガPark|人気の漫画が毎日更新のマンガアプリ

マンガPark|人気の漫画が毎日更新のマンガアプリ

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

iphoneの方はこちら
Androidの方はこちら

■公式HP:https://manga-park.com/
■Twitter:@manga_park
■オススメ度:★★★★★
作品の掲載が終了している場合があります。
詳しくは公式アプリでご確認ください。

マンガParkとは?

マンガParkってどういうアプリ?
読めるマンガの種類は?
お金はかかるの?

マンガParkの使い方解説ページ


コミックス情報 無法島

最新刊第6巻 連載中!
(2022/9/29)