五番街の白やぎさん
-あらすじ-

ここは五番街。看板のないアンティーク店。
そこに住むのは、白やぎさん”こと白山洋子。
手紙が主食」という、一風変わった食生活を送る彼女のもとには、今日もいわくつきの手紙が舞い込んできて――?
さあ、届かなかった言の葉を味わいましょう。

想いが、冷めてしまう前に――。

この作品が読めるマンガアプリ
五番街の白やぎさんサンデーうぇぶりに掲載中!(2021年4月10日現在)
基本無料で全巻読むことが出来ます。
サンデーうぇぶり-人気マンガウェブ漫画読み放題コミックアプリ

サンデーうぇぶり-人気マンガウェブ漫画読み放題コミックアプリ

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

iphoneの方はこちら
Androidの方はこちら
五番街の白やぎさん(1)




五番街の白やぎさん|作品紹介

サンデーうぇぶり公式Twitter:@SundayWebry
作者Twitter:@yuuzuki230
Twitter検索:五番街の白やぎさん

五番街の白やぎさんのあらすじ

手紙が主食」という、一風変わった食生活を送る彼女のもとには、今日もいわくつきの手紙が舞い込んできて――?
さあ、届かなかった言の葉を味わいましょう。

想いが、冷めてしまう前に――。

五番街の白やぎさんを読んだ感想

手紙を通して人の想いをつなげていくハートフルドラマ。

”手紙を食べる”ヤギさんが主人公。
ヤギと言っても見た目は人間の女性です。
幽霊みたいな存在ですが怖いという感情は湧いてこない。

不思議な世界観で始まる物語ですがこの世界観が作者の魅力ですね。
ミステリーほのぼのした雰囲気が同居したような感覚です。

短編が連続しているような構成で1話1話別のお話なので読みやすいかも。
人間ドラマを描いているのでこういったお話が好きな人は泣いちゃうかも。

3巻で話が終わっているようですが完結しているのでしょうか?
続きが始まったらまた読みたいですね!

第1話試し読み

  1. 五番街の白やぎさん
    画像クリックで試し読み

    五番街の白やぎさん

    完結 全3巻
    価格:
    605円(税込)
    第1巻発売日:
    2014/2/19
    結月さくら

    ここは五番街。看板のないアンティーク店。そこに住むのは、“白やぎさん”こと白山洋子。「手紙が主食」という、一風変わった食生活を送る彼女のもとには、今日もいわくつきの手紙が舞い込んできて――?

五番街の白やぎさんが読めるマンガアプリ

サンデーうぇぶりは小学館の公式マンガアプリです。

サンデーうぇぶり-人気マンガウェブ漫画読み放題コミックアプリ

サンデーうぇぶり-人気マンガウェブ漫画読み放題コミックアプリ

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

iphoneの方はこちら
Androidの方はこちら

■公式HP:サンデーうぇぶり
■Twitter:@SundayWebry
■オススメ度:★★★★☆

サンデーうぇぶりとは?

サンデーうぇぶりってどういうアプリ?
読めるマンガの種類は?
お金はかかるの?

サンデーうぇぶりの使い方解説ページ


五番街の白やぎさん|コミックス情報

全3巻 完結!
(2015/4/17)