ブラック・ラグーン

岡島緑郎は旭日重工の会社員。重要なディスクを、ボルネオ支社まで船で運ぶ役目を担っている。だがその途中、「ブラック・ラグーン」と名乗る4人組に襲われ、緑郎は人質に取られてしまった。ブラック・ラグーンは、クライアントからの注文を忠実にこなす裏社会の運び屋だ。旭日重工は、東南アジアへの非合法ルートを使って密貿易をしていて、クライアントは、自分たちもそれに一枚噛ませろと要求しているのだった。

旭日重工は機密を守るため、ディスクも緑郎も海の藻屑にしてしまおうと、ブラック・ラグーンの乗る船に攻撃を始める…

第1話試し読み
(50P)

ページが開かないときはこちらからアクセスしてください。
BOOK☆WALKER ブラック・ラグーン(1)

続きはサンデーうぇぶりで全話無料連載中!

ブラック・ラグーンはサンデーうぇぶりで全話無料で読むことができます。

サンデーうぇぶりは小学館の公式マンガアプリです。

サンデーうぇぶり-人気マンガウェブ漫画読み放題コミックアプリ

サンデーうぇぶり-人気マンガウェブ漫画読み放題コミックアプリ

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

iphoneの方はこちら
Androidの方はこちら

■公式HP:サンデーうぇぶり
■Twitter:@SundayWebry
■オススメ度:★★★★☆

サンデーうぇぶりとは?

サンデーうぇぶりってどういうアプリ?
読めるマンガの種類は?
お金はかかるの?

サンデーうぇぶりの使い方解説ページ


ブラック・ラグーン 作品紹介

ブラック・ラグーン
作者twitter:広江礼威
出版社:小学館
Twitter検索:ブラック・ラグーン

ブラック・ラグーンのあらすじ

あらすじ
岡島緑郎は旭日重工の会社員。重要なディスクを、ボルネオ支社まで船で運ぶ役目を担っている。だがその途中、「ブラック・ラグーン」と名乗る4人組に襲われ、緑郎は人質に取られてしまった。ブラック・ラグーンは、クライアントからの注文を忠実にこなす裏社会の運び屋だ。旭日重工は、東南アジアへの非合法ルートを使って密貿易をしていて、クライアントは、自分たちもそれに一枚噛ませろと要求しているのだった。

旭日重工は機密を守るため、ディスクも緑郎も海の藻屑にしてしまおうと、ブラック・ラグーンの乗る船に攻撃を始める…

ブラック・ラグーンを読んだ感想

1巻まで読んだ感想
バイオレンス・ガンアクション

日本の企業に勤める普通の日本人が主人公。
本人にその意識はないものの危ない取引に巻き込まれ傭兵家業に身を落としていく。

ガンアクションを交えコミカルに描かれているもののシリアスな場面もあり世界観が出来上がっている。
表紙を見て”好み”と感じた人は期待通りの漫画が読めるでしょう。

好き嫌いはあるでしょうが好きな人には芯まで突き刺さる作品。

ブラック・ラグーン コミックス情報

最新刊第12巻 連載中!
(2021/8/19)