ガンニバル

山間の村「供花村」に赴任してきた駐在・阿川大悟
村の人々は大悟一家を暖かく受け入れるが、
一人の老婆が遺体で見つかり、大悟は村の異常性に
徐々に気付き、ある疑念に囚われる・・・。

「この村の人間は人を喰ってる」ーー。

次々と起きる事件、村に充満する排除の空気、
一息も尽かせぬ緊迫感で放つ、
驚愕・戦慄の村八分”サスペンス堂々開幕!!

第1話試し読み
(21P)

ページが開かないときはこちらからアクセスしてください。
BOOK☆WALKER ガンニバル(1)

続きはマンガBANGで全話無料連載中!

ガンニバルはマンガBANGで10巻まで全話無料で読むことができます。

マンガBANGはamaziaが運営する漫画アプリです。

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

iphoneの方はこちら
Androidの方はこちら

■公式HP:https://manga-bang.com/
■Twitter:@mangabangfree
■オススメ度:★★★★☆
1日に無料で読める話数には上限があります。
作品の掲載が終了している場合があります。

マンガBANGとは?

マンガBANGってどういうアプリ?
読めるマンガの種類は?
お金はかかるの?

マンガBANGの使い方解説ページ


ガンニバル 作品紹介

ガンニバル
作者:二宮正明
出版社:日本文芸社
Twitter検索:ガンニバル

ガンニバルのあらすじ

あらすじ
山間の村「供花村」に赴任してきた駐在・阿川大悟
村の人々は大悟一家を暖かく受け入れるが、
一人の老婆が遺体で見つかり、大悟は村の異常性に
徐々に気付き、ある疑念に囚われる・・・。

「この村の人間は人を喰ってる」ーー。

ガンニバルを読んだ感想

1巻まで読んだ感想
閉鎖的な村で起きる怪奇事件
山に隔たれ社会から隔離された村では何が起ころうとも外の干渉を受けない。

普通は村の住人がそれぞれ別の暮らしをしていればこんなことにはならないんでしょうが、村として一つの集団になっていると手がつけられません。
独自の常識、法で生活が成り立っています。

そしてこの村では「人を食っている」疑いがあります。
疑いが恐怖を産み、読者にドキドキ感を与えます。
何気ないシーンでももう怖い怖い。

まっすぐなホラーとすべて思い込みだったミステリーと色んなパターンがありますがこの漫画はどうなのでしょうか。
こういったジャンルのマンガでは面白いのは最初だけで尻すぼみになっていくものが多いですが、レビューを見る限りそうはなっていないのがすごいです。

10巻まで無料なのでこの機会にマンガBANGで読み進めてみようと思った作品でした。
読み進めたらもう一回感想を書いてみたいマンガですね。

ガンニバル コミックス情報

最新刊第12巻 連載中!
(2021/11/18)