即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。-ΑΩ-|読んだ感想

高校の修学旅行中バスの中で寝ていた高遠夜霧は、クラスメイトの壇ノ浦知千佳に起こされて目を覚ました。すると――そこは異世界で、目の前にはドラゴンが迫ってきていた!
彼らのクラスを召喚したのはこの世界で絶大な権力をふるう《賢者》の一人で、クラスメイト全員が《ギフト》と呼ばれる能力を受け取れるはずだったが、二人を含む何人かは運悪くこれを受け取れず、足手まといとして切り捨てられたのだった。
いきなり大ピンチの主人公! と思いきや、実は夜霧は元々この世界の基準では計れないほどの《即死能力》を持っていて―――

第1話試し読み

レンタルして読む

ページが開かない方はこちらから
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。-ΑΩ-(1)

「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。-ΑΩ-」が読めるマンガアプリ

現在読めるマンガアプリはありません。

「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。-ΑΩ-」無料試し読み

画像クリックで読めます
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。-ΑΩ-
  • 引用元:BOOK☆WALKER
  • 原作:藤孝剛志
  • 原作:成瀬ちさと
  • 漫画:納都花丸
  • 出版社:アース・スター エンターテイメント

作品紹介

twitter検索即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。-ΑΩ-

あらすじ

あらすじ
高校の修学旅行中バスの中で寝ていた高遠夜霧は、クラスメイトの壇ノ浦知千佳に起こされて目を覚ました。すると――そこは異世界で、目の前にはドラゴンが迫ってきていた!
彼らのクラスを召喚したのはこの世界で絶大な権力をふるう《賢者》の一人で、クラスメイト全員が《ギフト》と呼ばれる能力を受け取れるはずだったが、二人を含む何人かは運悪くこれを受け取れず、足手まといとして切り捨てられたのだった。
いきなり大ピンチの主人公! と思いきや、実は夜霧は元々この世界の基準では計れないほどの《即死能力》を持っていて―――

読んだ感想

第3巻まで読んだ感想
コミック アース・スターから発行されている異世界冒険物語

異世界と言う世界の根底に問いかける作品。

「ファンタジー世界でチート生活」というのが異世界ものの代表のようになっている昨今。
誰もがその世界を当たり前のように感じていましたがジャンルが大きくなってくるとその世界に疑問を持つ人も現れるようで。

まだ完結していない作品の行く末を予想してしまうのは気がひけるのですが思ってしまったのだから仕方ない。
この作品は「異世界という世界の仕組みにメスをいれている」

とまあ、大層なことを言ってるふうですが思いついただけなのでかる~く聞き流してください。

この作品は突然異世界に転生してきた日本人によって大きく生活が変わっている。
魔王が生み出され転生者が魔王を倒すことによって世界は救われている。
ここまでは普通の異世界もの。

違ってくるのはここから、

  • 転生者は賢者から能力を与えられる。
  • 転生者は魔王を倒すと現代に帰ることが出来る。
  • 現代に帰ると能力は使えない。
  • 再度召喚され異世界に来ると能力が戻る。
  • 魔王は一体ではなく複数存在しそれらを倒すために定期的に日本人が送られてくる。
  • 賢者とも魔王とも違う第3勢力が存在する。

これらと主人公の能力を照らし合わせるとファンタジーというよりはSFといったほうが近いと感じました。
理由は主人公の能力、「どんな相手でも思っただけで殺すことが出来る」という能力。
これは見れば見るほど「デリート」という科学の力なのではないかと感じたわけです。

死者や物体までをも”殺す”事のできる主人公は存在そのものを消しているとしか思えないフシがあります。
なぜその能力を持っているのかは語られていませんが生い立ちも少しずつ明かされいつか革新にたどり着く確信があります。

普通の物語とは違う”裏”からのぞく異世界生活!
普通の物語に飽きてる人にオススメです!

コミックス

即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。-ΑΩ-
最新刊第3巻 連載中!
(2019/9/12)